メガネかけた男性

蜂やシロアリの駆除で安全生活│日常にひそむ危険を排除

強い毒を持つ

男性

蜂の巣が身近にある場合、間違って刺されてしまうこともあり、早急に駆除を行なうことが必要なことも多いです。特にスズメバチなどの獰猛な種類の場合、多くの人が刺される危険があります。

詳しくはこちら

住宅の木材を守る

作業員

シロアリは、住宅の木材を食べてしまうので、住宅に致命的な侵害を与えてしまうことがあります。シロアリ駆除は早急に行ない、対策を立てることが大切です。業者では効果の高い薬剤を利用し、再発の対策もしっかりと行なってくれます。

詳しくはこちら

様々な蜂の種類

アリ

夏場になると、蜂に刺されたことでアナフィラキシーショックを併発し、死亡事故に至るということが何件かおきています。居住地区の付近で、蜂の巣を見つけた際には、早急に駆除を行なうことが必要ですが、大変危険を伴います。蜂の駆除は、業者に任せることで安全に確実に処理を行なってくれます。街中の蜂の被害の中でも、最も大きな被害につながりやすいものがスズメバチの駆除です。夏だけでなく、春や秋口などにも活発に活動することから様々な期間で、警戒が必要になります。スズメバチの特徴として、大群で一気に襲い掛かってくるということがあります。複数回刺されると、過剰な免疫反応を起こして危険な状態になるので、スズメバチを見かけたら刺激しないようにその場から静かに離れて、業者に対応を依頼することが大切です。

街中で巣を作る蜂の種類に、アシナガバチという種類がいます。アシナガバチは、基本的におとなしく刺されたという被害は少ないですが、刺された時の痛みが強く、アナフィラキシーショックの可能性は高くなります。攻撃性がそこまで高くないことから、刺激をあまり与えないようにして近づかないということが大切です。また、ミツバチも街中に巣を作る種類です。よほどのことがなければ刺すことはありませんが、ミツバチの巣は他の蜂と比べると樹の枝や植え込みなど、わかりにくく、子どもも入りやすい所に巣が存在することがあります。ミツバチの巣にうかつに近づくと、攻撃されてしまうので、夕方や夜間などに業者が対応することが多いです。

事前に確認する

作業員

シロアリ 退治の業者に依頼する前に、自分でシロアリがいるかどうか判断するという方法もあります。シロアリの羽の有無や、床や柱を叩いた時の音など、様々な方法で判断することが可能です。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 蜂やシロアリの駆除で安全生活│日常にひそむ危険を排除All Rights Reserved.