メガネかけた男性

蜂やシロアリの駆除で安全生活│日常にひそむ危険を排除

事前に確認する

作業員

シロアリが出たら、早急にシロアリ退治の対応を行なうことが必要になります。まだ実際にシロアリを見ていないけれども、シロアリがいるかいないかということはいくつかのチェック項目で確認することが可能です。まず、羽が落ちているかどうかということは大きなチェック項目です。小さな羽根がいくつも落ちているという場合、シロアリが侵入している可能性が高いです。また、柱や床がきしむことや叩くと隙間があるような音がするという場合、シロアリが床下や柱の木材を食べてしまっている可能性があります。木の形が変わってしまったことから、雨戸などの開閉がうまくいかないこともあります。もし、シロアリがいるのではないかという不安を感じた場合は、シロアリ退治の業者に連絡して検査をしてもらいましょう。不安を感じる場合は、薬剤を撒いてもらいシロアリを予防することもできます。

シロアリは湿度が高く、風通しや日当たりが悪い場所を好みます。そのため、自宅の軒下やカビの生えやすいお風呂場などは、シロアリが巣を作りやすくなります。また、雨漏りをしているという住宅だと、家全体に湿度がこもりやすくなるのでさらに気をつける必要があります。シロアリを予防するには、家全体の通気に気をつけることが大切です。また、定期的にシロアリ退治の薬品を撒くことで、シロアリの予防を行なうことができます。しかし、自分で行なった場合、様々な抜けやモレがあることから、そこからシロアリが進入するということもあります。業者に定期的にシロアリ退治やシロアリ対策をしてもらうことが、確実で最も効果のある方法です。

Copyright© 2016 蜂やシロアリの駆除で安全生活│日常にひそむ危険を排除All Rights Reserved.